カリテ

シア・バターの用途と効能

セネガルでは、日常的に、髪につけたり、マッサージに使ったり、料理に使ったりしている。

シア・バターは効能が多岐に亘る「天然の万能薬」で、良質のものは調理用として使われ、質が劣るものは燃料、石鹸、ローソク、わらぶき小屋や船の防水用塗料などに加工されている。チョコレートや高価な口紅にも添加されている。

種子の搾りかすは、消化不良性糖質を約40%を含んでいるため飼料としては用いない。

成分の科学的分析は日本、イギリス、アメリカ、フランスなどで行われている。

食品:

・シア・バターの産地では、フライ用の油として使ったり、つなぎとしてソースに加えたりする。
・ビスケットやお菓子に入れる。
・チョコレートの中にはカカオの代わりに、最大5%のシア・バターが使われているものもある。パーム油のように、原料名の欄に、《植物性油脂、植物性脂肪》と記載されている。
・ココアバター代用脂として使われたり、パーム油代替油脂としても使用される。

化粧品:

・肌の保湿・保護。乾燥肌、角質化を防ぐ。乾燥期には、膝小僧、ひじ、かかとにすりこむ。スキンケアに。
・乾燥期にハンドクリームとして使うと手荒れ、ひびわれ、あかぎれなどを防ぐ。
・日焼け止め。紫外線から肌を守る。
・日焼け後のほてりを和らげる。
・ひげそり、かみそり負けに。
・赤ちゃんの肌荒れに。
・洗剤による手荒れに。
・肌の弾力性を高め、シワ・老化肌にはりをあたえる。シア・バターを塗布してマッサージをすると、肌の老化を軽減する。
・循環器系を刺激し、新鮮な血液や酸素が巡る。

治療:

・湿疹、乾癬、皮膚炎の治療。
・天然のステロイドと言われる、スチマステロールが含まれているのでアトピー性皮膚炎の治療に効果がある。
・肌の保護と治癒力を促し、炎症を和らげる。
・筋肉マッサージ、痛みの鎮静。
・腰を痛めた時の塗り薬。
・入浴後にボディークリームとして塗る。
・シア・バターを髪につけ、髪型をセットする。髪の手入れ。ヘヤ―クリームとして使用。
・ふけの発生を抑え、頭皮を柔らかくする。白髪・脱毛の予防。
・筋違い、捻挫、脱臼、筋肉痛、筋肉疲労、関節痛、リュウマチの治療のため、シア・バターを温マッサージで用いる。
・キンキリバの熱いお茶に、シア・バターを混ぜて飲むと、風邪に効く。
・軽いやけど、傷の治療。(傷口の癒合)
・抗炎症の成分は確認されていないが、へその緒の傷の治癒の促進に用いる。
・妊娠線の予防や筋力アップのため、妊婦がお腹など全身に塗る。
・イスラム教の習慣に基き、男児は割礼を施すが、かつては患部の止血と消毒のためにシア・バターが用いられていた。(現在、男子の割礼は病院などで麻酔をかけ衛生的に行われている)
・循環器系を刺激し、新鮮な血液や酸素が巡る。
・脇の下のリンパ腺をシア・バターでマッサージをすると、体に悪い物質を排出する。
・種子は、毒ヘビの抗毒性を持つ。

儀式:

・聖なる儀式で用いる
・出産・結婚・葬式のセレモニーで用いる。
・呪術の際に用いる

赤ちゃんマッサージ:

生後1週間ほど経った赤ちゃんに、シア・バターを塗布し、全身マッサージを行う。
これは、赤ちゃんの繊細で、弾力性のある肌を保ち、厳しい気候から肌を守ると同時に、体に柔軟性をつけるためである。
アフリカの人達の身体能力が高いのは、赤ちゃんの時に行ったこのマッサージが、柔軟性のある体づくりに大きく影響しているのではないだろうか?
マッサージの開始時期が遅れると、赤ちゃんにとってはマッサージは痛いだけらしい(ローマ人は長い間、バターを野蛮人の食べ物として食べようとせず、ローマ風呂で塗り薬として使ったり赤ちゃんや幼児の体に塗って、体を柔軟にしていたようである)。

シア・バターをつけて赤ちゃんの足の裏を
入念にマッサージ
う~ん、きつい。でも赤ちゃんは泣かない。

2件のコメント

シアバターの木初めて見ました。(写真ですが)。これからもいろいろな木を紹介してください。

コメントありがとうございます。
日本には無い、珍しい木を紹介してゆきます。御期待ください。
今後とも引き続きフォローをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください