カリテ

《探検家が見たシア・バター》

かつてサヘル以南を目指した探検家たちは、そこでシア・バターと出会い、貴重な報告を残している。

イブン・バットゥータ

1349年から1354年に、サハラ砂漠からマリを横断したモロッコの旅行家イブン・バットゥータ(1304~1369)は、その著『三大陸周遊記』で カリテを最初に紹介したと言われている。

『この種の木々の中には、果実は、ミラベル、りんご、桃、アブリコに似ている。が全くべつの種類のものである… その種をつぶして油をしぼり、炊事、灯火、油揚げなどに用いたり、身体に塗ったり、土に混ぜて家の壁を塗ったりする。』(前嶋信次訳)

当時、シア・バターはすでに、食用、料理、医療、薬用、化粧品として使われていたようである。

マンゴ・パーク

1796年にニジェール川に達した探検家のマンゴ・パークは、旅行記『マンゴ・パークのアフリカの旅』の中で、シア・バターについて記述している。(以下、『ニジェール探検行』マンゴ・パーク 森本哲郎・廣瀬裕子 訳)

・「奴隷商人は、スラティと呼ばれ、白人に売るために連れてくる奴隷や商品の外に、原産地の鉄、香りのよいゴムや乳香、シア・トゥルゥとよばれる日用品(文字通り訳すと「木のバター」を意味する)を沿岸地方の住民に供給する。熱湯で煮た木の実の種から抽出されるもので、バターのような外見をしており、堅くて、実際バターのすばらしい代用品となる。住民の重要な食物で、油の代用としてさまざまな用途に役立っている。だからその需要はたいへん多い」

・「(レスリングの試合に出場しているレスラー達は)衣類を脱いで短いパンツ一枚になり、皮膚に油、またはシア・バター(西アフリカ産アカテツ科の木の実からとる植物性バター。食用または石鹸)を塗ってもらう」

・「カッパという村では、人びとはどこでもシアの木から実をとる作業をしていたが、上述したように、この実から植物性バターがつくられる。この木はバンバラのこの地域全体にたくさん生えている。これらは土民によって植えられたものではなく、森林に自生している。耕作のために森林が伐採されるときでもこの木だけは残される。木そのものはアメリカカシによく似ていて、実はまず日光に干し、その種子を煮てバターをとるが、その実は、どこかスペインのオリーブに似ている。種子はうすい緑の皮の中の柔らかい果肉に包まれていて、その種からとるバターは、塩気なしで一年中もつという利点を持っている上に、これまでに味わった牛乳からとるバターより白くしまっていて、私の味覚では、もっとも豊かな味に思える。この木の栽培とバターの製造は、この国や近隣の国々の産業の主要な目標の一つであり、また、アフリカ大陸の国々の間の商業の重要な商品となっている」

・「その小屋の一隅に、シアの木の実を乾燥させるための釜がつくられてあった。その釜には荷車半分ほどの実が入っていて、下には薪が燃えていた。人びとの話によると、この実は三日ですっかり乾燥し、それを粉にして煮るのだそうである。こうしてつくられるバターは、日光で乾かした実からとるものより良質だということだった。雨季には日光に干す作業が厄介で、しかもいい結果が得られないというのである」

・「患者はやわらかい敷物の上に寝かされ、骨折した手、足は冷水にひたす。膿瘍はすべて焼灼法で切開する。そして繃帯は柔らかい木の葉か、シア・バターか、牛の糞のいずれかをそれぞれ必要に応じて用いる」

・「午後二時ごろに、食事として、シア・バターを少し加えた一種の早作りプディングのようなものを食べる。しかし、夕食がもっとも大事な食事で真夜中にやっと準備される。これは大ていクスクスで、少量の動物の肉か、シア・バターをまぜてある」

・「物々交換の際は、金を受け取った者が、自分のティーリー・キシ(黒豆)で品物をはかる。その豆は、ときどき重くするために、不正にシア・バターにひたされることがある」

・「われわれは、土産の鉄、シア・バター、その他ガンビアで売る物資を購入するために、二日間バニセライルに留まった」

・「そのスラティ(奴隷商人)は、この奴隷をカルファの奴隷の一人と交換してもらいたかったので、この申し出に応じてくれるようにカルファを説得するため、布やシア・バターを贈った」

・「26日の朝、タンバクンダを後にした時、カルファはこの町から西にはシアの木はもうないと言った。私はマンディングからこの木の葉と花を持ってきたが、それは途中でひどく傷んでしまったので、ここで別種のシアを採取しておこうと思った。その実の恰好からみて、このシアの木はあきらかにサポタ(アカテツ)科に属するようで、チャールス・ハミルトン大尉が『アジア探検記』(第1巻、300ページ)の中で描写しているムドサの木にいくらか似ている」

ルネ・カイエ

・1828年に、ヨーロッパ人として初めてティンブクトゥから生還した、フランス人のルネ・カイエも、旅行記『ティンブクトゥへの旅』の中で、シア・バターについて記述している:

「シアの木はKankan-Fodéaの草原に生えている。シアの木の実をもらったので食べてみたが、まあまあおいしかった。ここの村人達は、西洋人が動物性のバターを食べるように、シアの木のバターを好んで食べる。彼らはまた、これを痛み止めや傷口に使用する。ヨーロッパの国の会社に少量のシア・バターを販売しているようだ」

ルネ・カイエが報告したシア・バターの作り方

また、ルネ・カイエは、『ティンブクトゥへの旅』の第13章で、シア・バターの作り方を詳しく述べているが、その工程(潰す→煎る→練る)は、昔も今も基本的に同じである:

1.種子を、数日間日干しにして乾燥させ、臼の中に入れ粉状につぶす。すると小麦の麩(ふすま)の色になる。

2.種子をつぶしたら、ひょうたんのボウルに入れる。

3.上から少しなまぬるい水をかけ、パスタの堅さになるまで手でこねる。

4.十分こねたかどうかを確かめる際、なまぬるい水を少し加える。

5.油脂部分が麩から剥がれ、水面に上がってきたら、なまぬるい水を数回加える。

6.麩から剥がれたバターが浮かんでくるように、十分に行う。

7.木製のお玉でかき集め、ひょうたんのボウルに入れて強火で煮る。

8.くっ付いて残っている麩が剥がれるように、よく泡立てる。

9.じゅうぶん煮えたら、別のひょうたんのボウルに移すが、より取りやすくするため、ひょうたんの底に水を少し入れておく。

10.できあがったバターは、木の葉っぱに包むと、2年間傷むことなく保管できる。

また、ルネ・カイエは、シア・バターに関し、次の点についても報告している:
・シア・バターは灰白色で石鹸のような固さがある。
・原住民達は、バターで商売を行っている。
・食用にしたり、体に塗りつけたり、燃やして灯りにしている。
・痛みや傷に効く薬になる。
・蝋にシア・バターを混ぜ、硬練り膏薬として用いられている。
・種子は、素焼きのかめに入れてヨーロッパに輸送しなければならなかった。保存がきかないため発芽力を失ってしまうからである。

《野生のカリテは絶滅危惧種》

西アフリカ7ヶ国のシアナッツの生産量は、1980年には346,713トン、輸出量は81,863トンであったが、2002年の時点では、生産量645,000トン、輸出量は70,215トンとなっている。

例えば、ベナンの場合、1998年において、12.100トンの種子を輸出し、13億8千万FCFAを稼いだ。種子の輸出量は、毎年、6.500~15.000トンの間を変動する。

化粧品会社と製薬会社は、毎年、2,000~8,000トンのシア・バターを消費しているが、その量は増加している。

野生のカリテは、野焼きや経済を優先した過度の収穫により、現在、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定されている。

ラッパーのKaraは、この問題を歌にしようとしていたのかもしれない…

参考文献・Webサイト

・『Arbres, arbustes et arbrisseaux nourriciers en Afrique occidentale』 Michel Baumer Enda-Editions

・beurredekaritébio.com

・『マリの女性とシアの木』-シアバター生産組合による生活改善と女性の地位向上-園部裕子

・『バージンシア・バターを巡る旅』生活の木ライブラリー

・蟲ソムリエ.net by おいしい昆虫生活

・『三大陸周遊記』イブン・バツータ 前嶋信次 訳 (河出書房新社)

・『Voyage à Tombouctou』 René Caillé (LD/La Découverte)

・『ニジェール探検行』マンゴ・パーク 森本哲郎・廣瀬裕子 訳  (河出書房新社)

・2006年10月17日付 朝日新聞

・2007年2月12-26日付 Thiof

2件のコメント

シアバターの木初めて見ました。(写真ですが)。これからもいろいろな木を紹介してください。

コメントありがとうございます。
日本には無い、珍しい木を紹介してゆきます。御期待ください。
今後とも引き続きフォローをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください